学校給食に、「小山うどん」が取り入れられるということで、
小山市立豊田南小学校での給食の時間をお借りして、子どもたちにインタビューしてきました!
小山市では、地域で生産される農畜産物を積極的に取り入れようと、
2003年度から「オール小山食材利用の日」を月1回取り入れ、地元の食材のみを使用した献立作りを行っているそうです。
おやまブランドの中では、「米パン」「ハトムギ」「おやま和牛」「小山の豚 おとん」などが素材として学校給食に使用されています。
子どもたちは多くのおやまブランド商品を食しています。
玄関を入ると、元気な挨拶の声が聞こえました。
どの子も目が合うと、元気にあいさつをしてくれます!

この日の給食には、大久保寿夫市長、酒井一行教育長も招待され、
6年1組の教室で児童とともににぎやかな昼食となりました。
  
Dsc06844
「おやま和牛肉うどん」は、うどんの上に、牛肉の甘辛煮をのせたものです。
もちろんうどんはイワイノダイチを80%、栃木県産小麦粉20%を使用しています。 
 
Dsc06851 

男の子の給食はこんなに山盛りに! 
なつかしいですね!こんな経験ありますよね?

Dsc06849
インタビューにもこんな笑顔で答えてくれました!
もちろん完食!

「普段のうどんより、麺がモチモチしていておいしかった!」
「和牛があまくて、うどんと合っていた」
「今までの学校給食の中で一番うまい!」

Dsc06854

写真からも伝わってくる、和やかな雰囲気の給食時間です。
Dsc06865
こんな風に、給食メニューの一つとしても取り入れられている、小山うどん。
今後も小山市のみなさんに愛されること間違いなしですね!
イワイノダイチを生産されている農家のみなさんや、地元の野菜生産農家さんが、
この子どもたちの笑顔を支えてくれています。

最後に、教室の背面にあった児童の掲示物を、紹介します。
Dsc06867_2

Dsc06868

Dsc06870

 給食でも人気メニューになりそうな予感!
の「おやま和牛肉うどん」。
「開運小山うどん会」をはじめ、小山うどんを提供している各店主の想いが、
めぐりめぐってこんな風に子どもたちに伝わっていくのも、
なんだかとてもいいですよね!

以上、番組では紹介しきれない、小山うどんの魅力についてのレポートでした。
今回取材した子どもたちの生の声は、3月27日(火)最終回での放送を予定しています。

ラジオをお聴きのみなさま。

3か月にわたってお送りしてきたコーナー「おやまでWooどん!」
は、次週の放送で最終となります。

来週3月27日(火)最終回は、放送時間を拡大して、
10時40分頃から20分間お送りいたします。
放送内容は、通常の店舗紹介に加え、「おやまうどんスタンプラリー制覇者の声」
「学校給食におやまうどん登場!」「おやまうどん生産者の声」などなど、
盛り沢山でお送りします!

みなさま、ぜひお聴き逃しのないように!

続いて2軒目は、ホンダカーズ南栃木羽川店前[E:rvcar]の[E:shine]「手打処 和食大蔵」[E:shine]です。
国道4号線に面していて、大きな看板が[E:info02]目印です[E:sign01]

eb954788.jpg

f7150187.jpg

入口をはいると、水車があり趣のある店内です。
7c83b0fc.jpg

04f066e0.jpg

明るい雰囲気[E:flair]のお店で、テーブル席、座敷席とあり、
30人ほどの宴会[E:beer]ができる大きなお部屋もあります。

b2a5fac3.jpg

麺打ちは店主みずから、店内で行っています[E:down]
bcfc6655.jpg

[E:noodle]お店のオススメ[E:noodle]
夏は小割りうどん[E:sign01]冬はあったか鍋焼きうどん[E:sign01]
取材時にちょうどお客様が召し上がっていました[E:sign05]
鍋焼きうどんは エビ、ホタテなど[E:fish]海鮮タップリ。
小割りうどんはそれぞれ冷たいうどんの上に、
いくらとおろし、山菜[E:clover]、山芋、がのっています。
その上、天ぷらつき[E:impact]というボリュームのある一品。
他にもメニューは盛り沢山です[E:sign03]
1b27f0f2.jpg

ひやむぎやきしめんも、店内で手打ちのものを提供とか[E:sun]
めずらしいですよね[E:sign02]
こちらは事前予約が必要とのことですので、
試してみたい方は、是非お電話[E:telephone]してみてくださいね。

[E:good]店主のこだわり[E:good]
店長 大竹一美さんにお伺いしました!

c686cc21.jpg

 手打ち、手作りをモットーにしています。
また、四季[E:typhoon]に左右されることなく、うどんのこしを保つために、
ボーメ比重計(塩分濃度測定に用いられる計り)を使用するというこだわり[E:scissors]
イワイノダイチを使った、つるつるもちもちの触感をお客さんに知っていただくために、
この店のセットメニューには、うどんがもれなくついてきます[E:annoy]
どれも、おいしそうですよ~[E:lovely]

[E:shine]おやまブランド[E:shine]
 
「大蔵」さんの近く、羽川・桑地区は古くから養蚕の盛んな地域です。
その繭を使った小山ブランド、
天野屋呉服店の「純国産開運絹色無地」があります。
小山産の繭を群馬の碓井(うすい)製糸(せいし)で糸にして、
京都の丹後で織られた絹で、日本国産最高級の白生地による色無地です。
弾力に優れ、品格のある風合いの最高級品、
この「開運絹」を是非一度、ご覧になってはいかがですか?

[E:present]リスナープレゼント応募先はこちら
はがきの場合は、郵便番号320-8601 栃木放送まで。
FAXは、028-643-3311
メールは、
radi@crt-radio.co.jp でお待ちしています。
必ず「うどんプレゼント希望 手打処 和食大蔵」と書いて下さい。
応募の締め切りは3月26日 月曜日です。

[E:telephone]お問い合わせはこちら
手打処 和食大蔵         
営業時間 11:00~20:30
定休日:無休    
栃木県小山市羽川551-11
TEL:0285-22-5067

↑このページのトップヘ