最後は、小山産小麦粉「イワイノダイチ」を使った田舎うどんを製麺、販売する他、おやまブランドである「かんぴょううどん」の販売を行い、ご自身でもレストラン「自然薯の里(じねんじょのさと)」を開き、幅広くおやまうどんに関わっていらっしゃいます有限会社 大地の社長、生沼 均さんに、おやまうどんについてお話を伺いました。[E:note]

a2de9f6e.jpg

おやまうどんを作るきっかけは、小山産小麦粉「イワイノダイチ」との出会いだそうです。
生沼社長は、農業に興味があり、宇都宮大学農学部の方達と交流をし始めた頃に「イワイノダイチ」を使ったうどんを食べ、衝撃を受けました。[E:flair]

社長は、その食べたうどんの色などを見て、「お蕎麦かと思った」とおっしゃっておりました。

栃木産の小麦粉としては「イワイノダイチ」と「農林61号」があるのですが、社長は「イワイノダイチ」という名前に惚れ込んだとのことです。

feff13ab.jpg

「イワイノダイチ」と、その他の小麦粉でうどんを作るときの違いは、麺の寝かし具合にあるようです。
また、家庭で麺をゆでるときのコツとしては、一番美味しくゆであがる時間があるそうなので、少し芯が残るくらいにゆでると良いとのことです。

こちらのレストランで提供されるうどんを食べたお客様も「ぜんぜん違う」といわれるほど、違いが分かるそうです。[E:delicious]

レストラン「自然薯の里(じねんじょのさと)」は、とっても自然あふれるところにあり、お店の雰囲気も古民家風で、とても落ち着きます。お料理は、もちろん、お皿にも魅力が詰まっています。

45bd7994.jpg

おやまうどんの広め方については、以前行われたうどん祭りの様な催しをもう少し広域的に行うべきだと語っておられます。おやまうどんを提供してくれる出店を設け、B1グランプリの様なものを開催すると活気付くのでは、と意見していただきました。その際、うどん文化の歴史的背景なんかも盛り込めると更に良いとのこと。

お話の最後に、社長は、うどんに関して様々な発信をして、県外からもこぞっておやまうどんを食べに来てくれるよう頑張っていきたいと述べていました。

[E:noodle]オススメの食べ方[E:noodle]
うどんの麺は平麺としてパスタ風に調理することができ、オススメだそうです。
実際に私達もご馳走になっちゃいました。クリーミーな味付けがやみつきになりそうです。[E:up]

ff88633e.jpg

他にも、お野菜の甘味を感じる漬麺タイプのうどんや、さっぱりとしたとろろをのせたうどんをいただき、うどんの様々な食べ方を教えていただきました。

86ccfa85.jpg

e67c67a6.jpg

[E:shine]最後に・・[E:shine]
最後に約3ヶ月間番組を放送して、レポーター陣は、以下のような感想を持つことができました。

・お店によってメニューが違うので、食べ歩きは良い。
・栃木といえば、おやまうどんといわれるようになって欲しい。
・店主の方と接し、うどんの奥深さを知った。とても充実した取材だった。
・おやまブランドについて沢山知ることができた。
・全てのお店が愛情を持ってお客様に接していることが改めて良く分かった。

短い間でしたが、おやまでWooどん!をお聴きいただき、また、ブログを読み、
リスナープレゼントに応募していただき、本当にありがとうございました。[E:confident]

今後もおやまうどんをどんどん食べて、応援していきましょう[E:sign03]