カテゴリ: 食・レシピ

最後は、小山産小麦粉「イワイノダイチ」を使った田舎うどんを製麺、販売する他、おやまブランドである「かんぴょううどん」の販売を行い、ご自身でもレストラン「自然薯の里(じねんじょのさと)」を開き、幅広くおやまうどんに関わっていらっしゃいます有限会社 大地の社長、生沼 均さんに、おやまうどんについてお話を伺いました。[E:note]

a2de9f6e.jpg

おやまうどんを作るきっかけは、小山産小麦粉「イワイノダイチ」との出会いだそうです。
生沼社長は、農業に興味があり、宇都宮大学農学部の方達と交流をし始めた頃に「イワイノダイチ」を使ったうどんを食べ、衝撃を受けました。[E:flair]

社長は、その食べたうどんの色などを見て、「お蕎麦かと思った」とおっしゃっておりました。

栃木産の小麦粉としては「イワイノダイチ」と「農林61号」があるのですが、社長は「イワイノダイチ」という名前に惚れ込んだとのことです。

feff13ab.jpg

「イワイノダイチ」と、その他の小麦粉でうどんを作るときの違いは、麺の寝かし具合にあるようです。
また、家庭で麺をゆでるときのコツとしては、一番美味しくゆであがる時間があるそうなので、少し芯が残るくらいにゆでると良いとのことです。

こちらのレストランで提供されるうどんを食べたお客様も「ぜんぜん違う」といわれるほど、違いが分かるそうです。[E:delicious]

レストラン「自然薯の里(じねんじょのさと)」は、とっても自然あふれるところにあり、お店の雰囲気も古民家風で、とても落ち着きます。お料理は、もちろん、お皿にも魅力が詰まっています。

45bd7994.jpg

おやまうどんの広め方については、以前行われたうどん祭りの様な催しをもう少し広域的に行うべきだと語っておられます。おやまうどんを提供してくれる出店を設け、B1グランプリの様なものを開催すると活気付くのでは、と意見していただきました。その際、うどん文化の歴史的背景なんかも盛り込めると更に良いとのこと。

お話の最後に、社長は、うどんに関して様々な発信をして、県外からもこぞっておやまうどんを食べに来てくれるよう頑張っていきたいと述べていました。

[E:noodle]オススメの食べ方[E:noodle]
うどんの麺は平麺としてパスタ風に調理することができ、オススメだそうです。
実際に私達もご馳走になっちゃいました。クリーミーな味付けがやみつきになりそうです。[E:up]

ff88633e.jpg

他にも、お野菜の甘味を感じる漬麺タイプのうどんや、さっぱりとしたとろろをのせたうどんをいただき、うどんの様々な食べ方を教えていただきました。

86ccfa85.jpg

e67c67a6.jpg

[E:shine]最後に・・[E:shine]
最後に約3ヶ月間番組を放送して、レポーター陣は、以下のような感想を持つことができました。

・お店によってメニューが違うので、食べ歩きは良い。
・栃木といえば、おやまうどんといわれるようになって欲しい。
・店主の方と接し、うどんの奥深さを知った。とても充実した取材だった。
・おやまブランドについて沢山知ることができた。
・全てのお店が愛情を持ってお客様に接していることが改めて良く分かった。

短い間でしたが、おやまでWooどん!をお聴きいただき、また、ブログを読み、
リスナープレゼントに応募していただき、本当にありがとうございました。[E:confident]

今後もおやまうどんをどんどん食べて、応援していきましょう[E:sign03]

本日もラジっちゃうをお聴きいただき、ありがとうございます。[E:happy01]
おやまでWooどん!もチェックしと思われます。
おやまでWooどん!を聴いて、おやまうどんを食べて、スタンプラリーを全制覇しちゃいましょう[E:sign03]

今回は、開運おやまうどん会が主催するスタンプラリーを全制覇しました
KING OF おやまうどんこと、飯村三男さんにインタビューして参りました。[E:shine]

Dsc07122

飯村さんは西那須野にお住まいながら、お仕事の関係で小山市を頻繁に訪れるので、お昼にスタンプラリー加盟店のおやまうどんを沢山食べることができるとのことです。
ウラヤマシイですねぇ~。[E:confident]

スタンプラリーを始めるきっかけは、よく行くお店「五福」さんでパンフレットを手に入れてから全店制覇を決意したとのことです。[E:flair]
KINGいわく2ヶ月あれば全店制覇は可能らしいです。

スタンプラリーのパンフレットは定休日やお店の地図も掲載されているため、
特に苦労することなく全店制覇できたとおっしゃっております。[E:note]

そして、第一に、まず、お店に行くことが重要とのこと。
実際に足を運んでみると、想像と違う特殊メニューにありつけるとおっしゃっていました。

35e156d1.jpg

そして、KINGが印象に残っているお店は、五福さん、麺坊さんとのこと。
メニューの満足度はもちろん、お店の活気を感じたと述べていました。

今後もスタンプラリーの様なイベントが開催されれば、積極的に参加したいと
意欲を燃やしていました。また、季節によってメニューも変わるお店もあるので、
「時期をずらしてスタンプラリーを開催するとおもしろいのではないか。」とも述べて
おりました。

[E:shine]おやまブランド[E:shine]
今回はおやまブランドとして広くしられている「おやま和牛」を紹介します。
栃木県下第1位の飼育と出荷頭数を誇る、おやまの黒毛和牛。
肉質はキメが細かく、脂に甘味がのっているのが特徴で、安全性と質の高さが評判のお肉です。その絶品を是非味わってみてください。

本日もラジっちゃうをお聴きいただき、ありがとうございます。[E:shine]
おやまでWooどん!もチェックしましたか?
おやまでWooどん!を聴いて、おやまうどんを食べて、おやまブランドについて知り、スタンプラリーを全制覇しちゃいましょう[E:sign03]

今回は、小山市乙女間々田駅入り口近くあります「小川屋」へ行ってきました。
お店は広い駐車場も完備しているということで、多くのお客様が来ておりました。

Dsc07082
Dsc07083

店内は和風で、テーブル席とお座敷があります。

Dsc07088
Dsc07086
Dsc07089

麺を打つスペースもあります。

Dsc07085

なっ、なんとぉー!CRT栃木放送でおなじみの阿久津さん、本田さんも来店した写真が飾ってありました。[E:note]

Dsc07092
Dsc07093

お客様は、特にご近所に愛されている印象です。[E:confident]

Dsc07101
Dsc07116

様々な和風メニューがあますが、やっぱりおやまうどんがナンバー[E:one]

Dsc07133
Dsc07134

セットメニューはボリューム満点[E:sign03]

Dsc07145
Dsc07144

[E:noodle]お店のオススメ[E:noodle]
オススメは、なんと言っても肉汁うどん[E:note]
ごま風味のスープに小山の豚肉おとん[E:pig]など、栃木産の食材満載で、栃木を満喫できる一品です[E:sign03]

Dsc07147

[E:good]店主のこだわり[E:good]
小川屋の店主である小川 新一さんにお話を伺いました。
お店でこだわっていることは気軽に入れるお店を目指しているとのことです。
新一さんで3代目となるお店には、先代からの常連さんも頻繁に足を運んでいるとのことです。

Dsc07150

[E:shine]おやまブランド[E:shine]
ここ小川屋さんの近くには和菓子司 和田屋の「思与良」や「思の鮎」があります。
「思与良」は思川の護岸用に伏せられた蛇籠をイメージし、「思の鮎」は思川の清流に泳ぐ鮎をイメージしています。
どちらも皮と餡のバランスが絶妙の美味しい和菓子ですので、是非、お試しください。

[E:present]リスナープレゼント応募先はこちら
今回ご紹介した小川屋さんから、ラジオをお聴きの皆さんに、
お店で使える2000円分割引券のプレゼントがあります。
はがきの場合、宛先は郵便番号320-8601 栃木放送まで
FAXは、028-643-3311
メールは、
radi@crt-radio.co.jp でお待ちしています。
必ず、「うどん割引券プレゼント希望」と書いてお送りください!
応募の締め切りは3月26日 月曜日です。

[E:telephone]お問い合わせはこちら
手打そば 小川屋          
営業時間  11:00から15:00、17:00から20:30
定休日:毎月6・16・26日      
栃木県小山市乙女2-25-16
TEL:0285-45-0077

今回もラジっちゃうを聴いていただき、ありがとうございます。[E:confident]
本日放送のおやまでWooどん!もチェックしていただきましたか[E:sign02]
おやまでWooどん!を聴いて、おやまうどんを食べて、おやまブランドについて知り、是非、スタンプラリーを全制覇しちゃいましょう[E:sign03]

今回は、乙女大橋近くにあります「みよし庵」へ行ってきました。
お店は、とても和風な造りで、のどかなところにございます。周りの風景にとても癒されました[E:note]

Dsc06983
Dsc06984

店内は、とても広く、全席お座敷タイプとなっております。

Dsc07000

火鉢もあり、とてもシブイです[E:sign03]

Dsc07001

お客様は、特にご近所に愛され、また、県内の方も遠方からいらしてました。

Dsc07008
Dsc07017

当局当番組も応援していただいています[E:note]

Dsc06998

おやまうどんは、もちろんのこと、和食においてもお得で幅広いメニューがあます。

Dsc06973

お得なセットメニューはボリューム満点[E:sign03]

Dsc06968
Dsc06970

[E:noodle]お店のオススメ[E:noodle]
オススメは、なんと言っても、鍋系のうどん[E:sign03]あつあつの鍋とコシのある麺を堪能できます[E:note]

Dsc06976

[E:good]店主のこだわり[E:good]
みよし庵の店主である青木正己さんにお話を伺いました。
お店でこだわっていることは特に無いとの話でしたが、お客様の表情を特にチェックしているようで、笑顔でお店を後にすれば、「満足していただいた」と分かるとおっしゃっていました。こちらのうどんの特徴は、やはり「のどごし」と、うどん粉「イワイノダイチ」の配合方法とのことです[E:sign01]

Dsc07028

[E:shine]おやまブランド[E:shine]
ここ「みよし庵」さんの近くには大自然に囲まれた広大な土地が広がっており、そこで育み作り上げられたブランド米「生井っ子」の産地です。
生井地区の農家が丹精込めたコシヒカリの逸品で、減農薬、減化学肥料によって、食の安全と安心を売りにした自慢の米となっています。
道の駅思川で購入できますので、是非この自慢のお米を味わってみてはいかがですか。

[E:present]リスナープレゼント応募先はこちら
今回ご紹介したみよし庵さんから、ラジオをお聴きの皆さんに、
お店で使える2000円分割引券のプレゼントがあります。
はがきの場合、宛先は郵便番号320-8601 栃木放送まで
FAXは、028-643-3311
メールは、
radi@crt-radio.co.jp でお待ちしています。
必ず、「うどん割引券プレゼント希望」と書いてお送りください!
応募の締め切りは3月19日 月曜日です。

[E:telephone]お問い合わせはこちら
みよし庵          
営業時間  11:00から14:00、17:00から20:30
定休日:木曜      
栃木県小山市網戸1799-5
TEL:0285-45-8041

本日もラジっちゃうを聴いていただき、ありがとうございます。
本日放送のおやまでWooどん!もチェックしていただき、ありがとうございます。
おやまでWooどん!を聴いて、おやまブランドについて知り、是非、スタンプラリーを全制覇しましょう[E:sign03]

今回は、小山市駅東通りにあります今昔さんへ参りました。
お店は、黒い木のはりが見えて、古民家風の造りになっています。
また、お店には古民具とも言うべきものが飾られていて、とても良い雰囲気でした[E:note]

Dsc06956
Dsc06959

ご近所のお客様にも愛され、また、遠方の方にも利用されていると言った印象を受けます。[E:confident]

Dsc06961

メニューにおいて、おやまうどんはもちろんのこと、そばもオススメ[E:note]

Dsc06950

[E:noodle]お店のオススメ[E:noodle]
オススメは、にくなんうどん、カレーうどん、なべやきうどんで、寒い時期にはピッタリ[E:note]

[E:good]店主のこだわり[E:good]
今昔の店主である福田利雄さんにお話を伺いました。
お店の雰囲気作りは先代のこだわりをそのまま残しているとのことです。
メニューとしてはイロイロ選べるようで、細麺・太麺、盛りであれば濃くち・薄くち、あたたかい汁は関東風・関西風といった具合です。

Dsc06949

[E:shine]おやまブランド[E:shine]
ここ今昔さんの近くにあるおやまブランドは伝統工芸品の「下野人形」・「下野しぼり」があります。
下野しぼりは和紙を加工する独特の技法で、手作業によって製作された丈夫な和紙を使い作り上げられたものが下野人形です。
道の駅思川や、まちの駅 思季彩館で一度ご覧になってみてはいかがですか?

[E:present]リスナープレゼント応募先はこちら
今回ご紹介した今昔さんから、ラジオをお聴きの皆さんに、
お店で使える2000円分割引券のプレゼントがあります。
はがきの場合、宛先は郵便番号320-8601 栃木放送まで
FAXは、028-643-3311
メールは、
radi@crt-radio.co.jp でお待ちしています。
必ず、「うどん割引券プレゼント希望」と書いてお送りください!
応募の締め切りは3月12日 月曜日です。

[E:telephone]お問い合わせはこちら
今昔          
営業時間 11:30~19:20
定休日:木曜      
栃木県小山市駅東通り1-5-5
TEL:0285-24-0117

↑このページのトップヘ